R9 280XとR7970Lightningで二枚差にしてみた

パッケージ、本体共にコンパクトなR9 280X

ほとんど中身が(性能)一緒な二枚R9 280Xはほんのりコンパクトでした

パッケージがコンパクト

R9 280X

パッケージと付属品

パッケージはR7970Lightningより小さく、付属品も余計なものが入ってっていなかった。
※R7970Lightningには、海外のゲームのビラやコードをまとめる紐等が入っていた。

本体も一回り小さい

R9 280X

上がR9 280X 、下がR7970Lightning

R7970Lightningに比べ数センチ短くなっていた。

また、R7970Lightningは基盤に凸部分があり三スロット必要だったが、R9 280X はにスロットになっている ※というかなんでMSIはR7970Lightningに出っ張りをつけたのか??

二枚刺し(CrossFire X)の図

なんの問題も起きずCrossFire X完了

念のためにCrossFireようのケーブルは二つ使って接続

CrossFire X

CrossFire X 上がR9 280X 、下がR7970Lightning

上がR9 280X 、下がR7970Lightningです。

おおきめのPCケース買っといてよかったなぁ=

で、性能は?

、、、ビミョ~~ww

R9test

3Dmarkでのテスト

まあ単に性能二倍になるわけじゃないのは分かってたけどビミョーすぎる

性能テストに関することもうちょい書くつもりだったけど ビミョーすぎるし疲れたのでここまで。。。

ドライバのアップデート性能が伸びるのを期待ですな

シェアする

フォローする